FEATURE ARTICLE特集記事

バイヤーおすすめ 夏にぴったり!もみじ饅頭をもっとおいしくする方法

広島土産と言えばもみじ饅頭と言われるほどの知名度を誇るもみじ饅頭。実はそのまま食べるだけでなく、ちょっと手を加えるともっと美味しくいただけるんですよ。今回はバイヤーおすすめ、夏にぴったり!もみじ饅頭をもっとおいしくする方法をご紹介します。もみじ饅頭を袋のまま冷凍するだけ。冷凍と聞くとかちんこちんになってしまうように感じますが大丈夫。ひんやりとしてより美味しく食べられるんですよ。是非ご家庭でも一度お試しくださいね。

今回は18時間ほど冷凍庫に入れました。冷凍したカステラ生地は常温の時とさほど変わらない柔らかさで、よりしっとりと感じます。餡の食感は種類によって変わりますが、どれも硬すぎず、素材の味が際立って感じられます。冷凍することで、ひんやりと口当たりがよく常温の時よりも全体的にさっぱりとした味わいに。

クリームやチョコレートなどなめらかな餡は、冷凍することでよりねっとりとした食感になります。クリームは卵の風味がより強調され、食感と相まってまるでプリンアイスのような美味しさに。チョコレートはまるで生チョコのような美味しさになりますよ。

抹茶はサクッとした食感に変化し、甘さが控えられることでより抹茶の風味を強く感じます。つぶあんは凍ることで、粒がより強調され良いアクセントになりますよ。こしあんはさっぱりとした甘さになり、夏にピッタリです。

冷凍したもみじ饅頭は、冷凍庫から出したらすぐにお召し上がりくださいね。

おまけ

冷凍したもみじ饅頭にアイスを添えて食べるのもおすすめ。もみじ饅頭の風味とアイスのクリーミーさがよく合います。アイスのおかげでもみじ饅頭の冷たさが長持ちしますよ。

広島駅にある大型みやげ店舗「おみやげ街道」には、いろいろな種類のもみじ饅頭を取り揃えています。是非一押しのもみじ饅頭を見つけてみてくださいね。

以上「バイヤーおすすめ 夏にぴったり!もみじ饅頭をもっとおいしくする方法」でした。

 

こちらもおすすめ 26種類を徹底比較!あなたにピッタリのもみじ饅頭は? こし餡編

 

こちらもおすすめ 21種類を徹底比較!あなたにピッタリのもみじ饅頭は?(バラエティ編)

 

 

※掲載内容は2020年8月時点のものです。
※価格はすべて税込です。