FEATURE ARTICLE特集記事

|広島みやげ|瀬戸内の魚をまるごとパリパリに焼き上げた「海鮮しぼり焼き」実食レポート

8月25日まで展開中のekie「おみやげ街道」夏の手土産コーナーでは、涼しげで高級感あふれる商品をご用意しております。今回はこちらのコーナーの中からあっと驚く海産物、「海鮮しぼり焼き」を紹介します♪

 パッケージから覗く魚の顔がインパクト大!

巴屋清信 海鮮しぼり焼き

「海鮮しぼり焼き」とは、瀬戸内・広島の海の幸”魚”を特殊な製法でプレスし、水分だけを飛ばすことで、パリッと焼き上げてあります。添加物を加えず、味付けもせず、素材がもつ濃厚な旨みと香りを引き出しているそう。味はもちろん、インパクト大な見た目も印象的。目があったら手に取らずにはいられない?!

 その薄さ、約1.5ミリ!!光も透けるユニークな見た目

測ってみると、なんと!薄さ約1.5ミリ。骨も内臓もそのままプレスしてあるとは思えない薄さです。身の部分はしっかりとした堅さがあり、ひれの部分はより薄くパリっとしています。

堅い身の部分は、魚を凝縮したような旨みと内臓の苦みが後をひく美味しさ。薄いひれの部分はパリパリっと香ばしくて、骨せんべいのような味わいです。

有名手土産サイトでも紹介されたことのある「海鮮しぼり焼き」は、日本酒と一緒に楽しみたい大人の味。気になった方はぜひ店舗へお越しくださいね。

【海鮮しぼり焼き】
・祭(4種セット)4,860円
・さより 1,080円
・鯛 1,296円
・でびら 972円
・ひらめ 1,296円

こちらもおすすめ  夏のご挨拶におすすめ おみやげ街道に夏の手土産コーナーが登場

※掲載内容は2019年8月時点のものです。
※価格はすべて税込です。