FEATURE ARTICLE特集記事

|広島みやげ|真夏に食べたい!ひんやり冷やし麺特集

8月に入り、気温35度を超える真夏日が続いていますね。食欲も料理をする気力も下がり気味…そんなあなたに参考にしていただきたい!「おみやげ街道」で買える商品を使って作ったひんやり冷やし麺をご紹介します!調理も簡単で、つるっと食べられるレシピばかりですよ。

 瀬戸内レモンパウダーを使用した、見た目も爽やかな「瀬戸内レモンそうめん」

はじめにご紹介するのは、瀬戸内レモンパウダーを使用した「瀬戸内レモンそうめん」です。麺つゆにレモンの果汁を加えることで、さらにレモンの爽やかさを堪能できるレシピをご紹介します。

瀬戸内レモンそうめん 540円

【材料】
・広島レモンそうめん
・レモン
・大葉
・めんつゆ

麺つゆにレモン果汁を加えるひと手間だけで、そうめんのバリエーションが広がります。見た目も爽やかな黄色い麺は、すこし太め。喉ごしよく、つるんと食べられます。麺つゆに加えるレモン果汁はたっぷりがおすすめです。

 

  スープにレモン果汁を使用した、あっさり味の「瀬戸内潮風れもん冷麺」

次にご紹介するのは、レモンの酸味とまろやかな塩味の、あっさり&ヘルシーな「瀬戸内潮風れもん冷麺」です。たっぷり野菜も一緒に食べられる冷麺レシピをご紹介します。

瀬戸内潮風れもん冷麺 648円

【材料】
・瀬戸内潮風れもん冷麺
・レモン
・トマト
・きゅうり
・サラダチキン(ハムやカニカマでもOK)
・大葉

レモン果汁入りのスープは酸味があって爽やか。ベースが塩味なので、あっさりしていて美味しい!冷やし中華のように、家にあるハムや野菜などお好みの具を使って、アレンジしてみてくださいね♪

 

  とにかく麺がおいしい!太めの麺でコクのあるタレが食べごたえ抜群の「汁なし担々麺」

つづいて紹介するのは、広島グルメとして定着した「汁なし担々麺」が簡単に作れる商品です。麺の製造販売を行うメーカーの商品だけあって、麺がもちもち!!添付のタレにひと手間加えたレシピをご紹介します。

汁なし担々麺 540円

【材料】
・汁なし担々麺
・肉みそ(ひき肉を醤油等の調味料で味付けしておく)
・青ネギ
・温泉たまご

添付のタレにもひき肉が入っているのですが、さらに肉みそを追加!青ネギと温泉たまごもトッピングして食べごたえを重視しました。太くモチモチの麺とコクのあるタレがマッチして美味しいんです。タレ自体はあまり辛くないので、辛さは添付の七味唐辛子で調節してくださいね。

 

  人気店の味が自宅で再現できる「ばくだん屋」の広島つけ麺

最後にご紹介するのは、広島つけ麺の人気店「ばくだん屋」の味が再現できる商品です。トッピング等もばくだん屋をイメージして調理してみましたよ。ばくだんや秘伝の辛味がクセになりそう。

ばくだん屋 広島つけ麺 390円

【材料】
・ばくだん屋 広島つけ麺
・チャーシュー(今回はサラダチキンを使用)
・きゅうり
・ゆでキャベツ
・ゆでたまご
・長ネギ

私は「ばくだん屋」の広島つけ麺が好きで、よく食べに行くんですが、それが家でも食べられるなんて幸せ。さっぱりとした酸味のあるつけ汁に刺激的な辛味が加わって、野菜も麺もどんどん食べられます。添付の秘伝辛味は少しずつ加えて、好みの辛さに調整してくださいね。

以上、「真夏に食べたい!ひんやり冷やし麺特集」でした♪

※掲載内容は2019年8月時点のものです。
※価格はすべて税込です。