FEATURE ARTICLE特集記事

こたつで食べたい!冷たいスイーツ特集

12月に入り、ますます寒さが厳しくなりましたね。そろそろこたつを出した方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は、あったか~いこたつで温もりながら食べたい、冷たくて美味しいものをご紹介します。

大人向けスイーツ!アイスクリームの柑橘アレンジ


尾崎食品「柑橘王国 飲む酢 青みかん」 1,080円  / とびしま柑橘工房「すい~ピール(グリーンレモン)」 540円

とびしま柑橘工房の「すい~ピール(グリーンレモン)」は広島県産レモンを早いうちに収穫し、その皮を使用した、ほのかな苦みが癖になるお菓子です。そのまま食べてもおいしいですが、今回はアイスクリームのトッピングにしていただきました!レモンの皮は厚くしっかりとした歯ごたえがあり、味も濃いので、バニラアイスに隠れることなくアクセントになっています。



次に紹介するのは、尾崎食品の「柑橘王国 飲む酢 青みかん」。青みかんとは、温州みかんをまだ青く未熟うちに収穫したもの。その青みかんとりんご酢等がはいった4倍希釈タイプのお酢ドリンクです。この時期はお湯で希釈して、ホットドリンクで飲むのもおすすめですが、今回はクリームソーダ風にアレンジしました。作り方は炭酸水で希釈した飲む酢に、バニラアイスをのせるだけ。お酢の酸味と柑橘の苦みが、甘いアイスによく合う、爽やかなドリンクになりますよ。

 

酒粕好きの方におすすめ!香り華やか酒粕のクレームブリュレ

菓子工房mike 「華やかに香る炙りブリュレ」 320円

東広島市にある菓子工房mikeの「華やかに香る炙りブリュレ」は、同じく東広島市にある、白牡丹酒造の日本酒「紅甘萬」の酒粕を使って作られています。スプーンですくうと、名前の通り酒粕の華やかな香りがぱぁっと広がります。口どけはとってもなめらかで、酒粕の風味が濃厚!!クレームブリュレはあっさりとした味わいで、濃厚な酒粕の風味を引き立てていましたよ。酒粕がお好きな方におすすめのスイーツですおみやげ街道エキエ店では冷凍して販売されていますので、解凍してからお召し上がりください。
※アルコール分0.4%

 

ラムネ味にびっくり!冷やして食べる、爽やかなラムネのあんぱん

ラ・アンジェ「冷やしらむねあんぱん」 250円

広島市のパン屋さん、ラ・アンジェの「冷やしらむねあんぱん」は、涼し気な青いラムネ餡が特徴です。一口食べると、予想をはるかに超えるラムネ感!スーッと爽やかなラムネの味をしっかり感じることができます。一緒に包まれている生クリームが軽くさっぱりしているので、主張しすぎることなく、ラムネ餡とパンをしっかりまとめてくれています。見た目より軽くペロリと食べられるから、食後のスイーツにもおすすめです。

 

シャリシャリ食感!甘酸っぱい苺アイス

ヒカリ乳業「春摘み苺アイス」 381円

ヒカリ乳業の「春摘み苺アイス」は、真ん中をくりぬいた苺の中に、濃厚なアイスクリームを絞り込んで作られています。シャリシャリっとした食感の苺はフレッシュな酸味があり、甘く濃厚な練乳アイスと相まって、甘く爽やかな美味しさを楽しむことができます!生の苺に練乳をつけて食べるより、苺の味がのより濃厚になったように感じました。見た目も華やかなので、ホームパーティーや来客の方へのお菓子にもおすすめです。

 

シュワシュワ甘い、発泡日本酒

榎酒造「スパークリングはなハート」 621円

最後にご紹介するのは、呉の酒蔵、榎酒造さんの「スパークリングはなハート」。発泡性の日本酒なので、しっかり冷やしていただきます。グラスに注ぐと、細かな泡がシュワシュワ出てきて、とってもきれい炭酸がきつくないので、炭酸飲料が苦手な人でも大丈夫そうな、爽やかで優しい口当たり。甘めのお酒なので、食前酒やデザートワイン感覚で飲むのがおすすめです♪日本酒ならではの麹の香りもしっかり感じられますよ。パッケージがかわいらしく、女性に好まれそうなデザイン。
※開ける際には栓抜が必要です。

 

以上、こたつで食べたい!冷たいスイーツのご紹介でした。